スプラウト栽培セットが届いた

ある日、スプラウト栽培をやってみたくなりました。
以前から、スプラウト栽培のことは知っていましたが、栽培方法を調べたり、道具をそろえるのが面倒で、いつかやろう…と思うばかりです。

楽天市場を見ていると「スプラウト栽培セット」が、販売されているではありませんか。
もともとわたしは、野菜や植物を育てるのが好きなので、楽しそう♪と思ったのがきっかけで、即購入!

実際に育ててみてわかったことが何個かあったので、それも後でまとめてみようと思います。

スプラウト栽培セットの内容

とにかくやってみたかった。という気持ちが強かったので、スプラウト栽培セットを楽天市場のめぶきというショップで購入しました。(追記:こちらのショップはすでに閉店しています)

スプラウト栽培セットが届いた

セット内容は、スプラウト栽培用の容器が2つと、種が6種類選べるセット。
値段は、安いのか高いのかわかりませんが、送料無料で1,580円で購入しました。

ネット通販で購入したので、写真は届いたときの箱の中身の様子。
スプラウト栽培セットのほかに、ハーブの種も購入しています。

買ったスプラウト栽培セットはこちら

選んだスプラウトの種(6種類)

スプラウト栽培セットの種6種類

種には、かいわれ系ともやし系というのがあるというのを注文前に種を選ぶときに知りました。
自分が興味があった種を、かいわれ系から3種類、もやし系から3種類選んでみました。

かいわれ系

  • そばの芽(40ml)
  • 豆苗(40ml)
  • 青しその芽(20ml)

もやし系

  • 白ごま(20ml)
  • 大豆もやし・姫大豆(40ml)
  • グリーンマッペ・緑豆(40ml)

それぞれの育て方は、ざっくりと種の入れ物の裏に書かれていますが、詳しいことはわからないので、すこし戸惑います。ネットで調べてみたり、書籍を読んだりしてもう少し知識を増やしてから育てたほうがいいかなというのが、育ててみて思った感想です。季節や温度のあんばい、細かい手入れや気をつけることはわからないままですが、今回は、失敗しつつ育ててみることに。

スプラウトについてざっくりと知るために、こちらのサイトを見ていました。
村上農園【スプラウト王国】:スプラウトを学ぶ

スプラウト栽培セットの容器

スプラウト栽培の容器には、キッチンファーム(小)が2つついていました。

スプラウト栽培セットのスプラウト栽培容器

種が6種類あるので、2つの容器ではいっぺんに育てることができず、この容器を使って2種類ずつ育てることに。

スプラウト容器に書かれている作り方

それぞれの種の袋に書かれている育て方と、容器に付属していたものに書かれている育て方が違っているので、わたしは混乱しました。

栽培セットについているスプラウト栽培容器のサイズは、大と小の2種類あります。

大豆もやしと緑豆を育ててみることにする

大豆もやしと緑豆を育ててみることにする

スポンサーリンク
関連記事 - Related posts -
収穫した種リスト
◆大豆もやし
大豆もやしの種
大豆もやし種まき大豆もやし収穫
◆緑豆もやし
緑豆もやしの種
緑豆もやし種まき緑豆もやし収穫
◆豆苗スプラウト
豆苗スプラウトの種
豆苗の種まき豆苗収穫
◆青じそスプラウト
青じそスプラウトの種
青じその種まき → 収穫失敗
育てた感想

スプラウト栽培セットを購入して育てた感想は、種子が発芽し成長していく様子がよくわかることです。
わが家には、小学3年生の娘がいますが、理科がはじまり、こん虫や植物について学習しはじめます。
これから夏休みに入ると思いますが、約2週間くらいで収穫できるもので、世話もそれほど難しくないため、小学校低学年から小学校中学年のお子様の夏休みの自由研究などにもおすすめです。
※ただし、夏場の暑い時期に、豆系は腐るので、そこだけ注意です!豆はマメなみずかえを。(体験者は語る)
2012年6月25日更新