スプラウトの本

スプラウトレシピ 発芽を食べる育てる
片岡芙佐子(著)茅原紘(監修)
2003年6月10日発行/A5判・96頁
ISBN 978-4-88340-157-4 C0077

第1章 新芽を食べる効果と栄養
 発芽食は理想の食べ物 
 発芽食の栄養と機能性 
 古来より身近にあった発芽食
 台所の片隅で新鮮スプラウト
第2章 発芽食の種類と発芽食レシピ
 発芽食の種類
 発芽食レシピ
  発芽玄米、発芽大豆と発芽小豆
  発芽黒豆、発芽レンズ豆
  発芽ヒヨコ豆、スプラウト野菜   ほか、レシピ多数
第3章 スプラウトの育て方と楽しみ方
 スプラウト栽培の基本 
 スプラウトの育て方
コラム アメリカのスプラウト最新情報と日本

スプラウトひとつまみ健康法 人の寿命は酵素で決まる

第1章 人の寿命を決める酵素って?
(病気の原因は酵素の不足/アメリカから始まった酵素ブーム ほか)
第2章 生で食べれば病気にならない
(酵素のムダ使いを防ぐライフスタイル/半分は生の物を食べる ほか)
第3章 酵素で腸はきれいになる
(病気の根本は腸でわかる/酵素と腸の関係は? ほか)
第4章 スプラウトは酵素のスイッチ
(現代人にぴったりの生のサプリメント/スプラウトはパワーが詰まった発芽野菜 ほか)
第5章 スプラウトひとつまみ健康法
スプラウトの選び方・保存方法/スプラウトの食べ方 ほか)

スプラウトとは
このサイトについて

スポンサーリンク
収穫した種リスト
◆大豆もやし
大豆もやしの種
大豆もやし種まき大豆もやし収穫
◆緑豆もやし
緑豆もやしの種
緑豆もやし種まき緑豆もやし収穫
◆豆苗スプラウト
豆苗スプラウトの種
豆苗の種まき豆苗収穫
◆青じそスプラウト
青じそスプラウトの種
青じその種まき → 収穫失敗
育てた感想

スプラウト栽培セットを購入して育てた感想は、種子が発芽し成長していく様子がよくわかることです。
わが家には、小学3年生の娘がいますが、理科がはじまり、こん虫や植物について学習しはじめます。
これから夏休みに入ると思いますが、約2週間くらいで収穫できるもので、世話もそれほど難しくないため、小学校低学年から小学校中学年のお子様の夏休みの自由研究などにもおすすめです。
※ただし、夏場の暑い時期に、豆系は腐るので、そこだけ注意です!豆はマメなみずかえを。(体験者は語る)
2012年6月25日更新